不眠症・眠りの悩みは「すやすやハウス」でスッキリ解決

bar-left top 私たちのこだわり お客様の声 Q&A お問い合わせ bar-right
space
眠れない夜に・・・
ぐっすり眠りたい
すっきり目覚めたい
ちょっと一休み
left
販売者の顔
ご来店ありがとうございます。
店長の木全です。普段は別の仕事で心理カウンセリングなどをしています。 もともと別のお店でこのヘミシンクというCDを扱っていたのですが...
spacer
すやすや日記ブログ
spacer
カートの中
カーとの中を見る。
verisaignseal
当店のショッピングカートは SSL に対応しているので安心です。
spacer
お読みください
・ヘミ・シンクについて
・免責事項
・お客様の声
leftbottom
「ヘミ・シンク」とは人の意識状態と脳波の関係を研究していた米国のロバート・モンローにより開発された音響技術です。
ヘッドフォンなどを使い、左右の耳に周波数の異なる音を聞かせる(バイノーラル・ビート)と、脳は自然な作用により脳波を変化させるので、それを利用してリラックス状態(10ヘルツ以下)に誘導するという技術です。
しかし、実際に我々に聞こえる音というのは、60ヘルツよりも早い振動の音です。
spacer
脳波は、覚醒時にはベーター波(=13ヘルツよりも早い振動)、リラックスするとアルファ波(13〜8ヘルツ)、浅い眠りや瞑想状態でシーター波(8〜4ヘルツ)、深い眠りでデルタ波(4ヘルツ)と大きく4つの状態に分かれており、特にリラックスとか瞑想、睡眠といった脳波は、10ヘルツよりも遅い振動ですので、音を直接聴かせても、我々の耳では聴こえません。
spacer
ところが、脳の脳幹と呼ばれる部分では、右耳からきた信号と左耳からきた信号を合成し、ちょうどその差の信号を作るという特徴があるので、例えば100ヘルツと104ヘルツというように、左右の耳に異なった音を聞かせることによって、
その差の4ヘルツという振動を脳内で起こすことができます。この発見によって、10ヘルツ以下の脳波を音によって誘導することができるようになり、音によって脳波を誘導し望みの脳の状態を簡単に得ることができるようになりました。
またそれだけではなく、脳内で作られたその脳波が左右の脳に同時に伝えられることによって、左右の脳はバランスよく活動することになり、脳の機能(集中力や記憶力)や、潜在意識が活発になることがわかりました。
この技術を、へミスフィリック・シンクロナイゼーション(両脳半球同調現象)、略して「ヘミ・シンク」と呼びます。
inewbainmap

spacer
この技術は、強制的に脳波を変化させているわけではなく、自然な脳のはたらきを利用した技術なので危険性はありません。少し問題があれば簡単に告訴されるアメリカにおいて、その安全性と信頼性は40年以上にわたり実証され続けています。
spacer
ですから、ヘミ・シンクは、ただあなたがCDを聴くだけで、一般的なヒーリング音楽では絶対になしえない深いリラクゼーションと気持ちの良い睡眠をあなたにご提供することができるのです。
spacer
このCDの使用には、ヘッドホンまたはイヤホンにて聴いて頂くか、また、スピーカーを頭の左右においてご使用ください。音量は、かろうじて耳に聴こえる程度で構いません。